蜂の子とプロポリスの違い

プロポリスを聞いたことがありますか?サプリやキャンディなどを薬局でも見かけたことがあるかもしれません。
蜂に関わる成分ではありますが、蜂の子とはどんな関わりや違いがあるのでしょうか。
蜂の子とプロポリスの違いについて紹介します。

プロポリスについて

プロポリスとは?

蜜蜂が自分たちを守るために巣に塗り付けているものがプロポリスです。
新芽やつぼみ、樹皮を巡って樹脂を集めます。
樹脂とは植物体から分泌される「やに」状の物質です。
樹脂を持ち帰った蜜蜂は、蜜蝋と樹脂を混ぜ合わせて巣の材料として使用します。
蜜蝋とは巣作りのために働き蜂の腹部から分泌されるロウのことです。
この樹脂、蜜蝋、樹液や花粉、ミツバチの唾液などで作られた成分をプロポリスといいます。
「蜂やに」とも呼ばれています。
蜜蜂はこれを巣の入り口や壁の隙間に塗り付けて巣を丈夫にしているのです。
プロポリスの見た目は蜂の巣の中によく見られる粘着性のある固形物で、成分としてはアミノ酸やミネラル、フラボノイド、アルテピリンC(アレルギーや花粉症ケア、免疫機能に働きかける成分)などです。

プロポリスの役割

なぜ蜜蜂は樹皮を集めてプロポリスを作るのでしょうか?それは自分たちの巣を守るために必要だからです。
働き蜂は野外を飛び回って花粉などを集めますが、その際にウイルスや細菌、病原菌を持ち帰ってしまうことがあります。
巣の中は温かいので菌が繁殖しやすいです。
そこでプロポリスが効果を発揮します。
樹脂には優れた抗菌作用をもつ成分が含まれています。
蜜蜂はこの抗菌作用を利用して、巣の入り口で細菌の侵入を防いだり、巣の中に菌が繁殖するのを防いだりしています。
蜂の巣や仲間たちを守るためにもプロポリスは重要な役割を果たしているのです。

プロポリスの効果

プロポリスが蜂の巣を清潔に保つことは分かりましたが、私たちにとってはどのような効果があるのでしょうか。
その効果は、主に抗酸化作用、抗炎症作用、免疫力アップ、精神安定、薬の副作用軽減、老化予防など、健康維持や病気予防として用いられることが多いです。
もう少し詳しく紹介します。
まず体内に発生する活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
活性酸素は増えすぎると細胞を酸化させて傷つけるので、体の内側から老化を引き起こし心臓病やがんなどの病気の要因に繋がることがあります。
抗酸化作用があることで健康を守ります。
またアレルギーのかゆみを改善したり花粉症の発症を遅らせたり、花粉による鼻づまりの発症率を低下させることも実験により判明しています。
プロポリスがこれらの症状の原因となる物質の放出を抑えるからです。
さらに脂質代謝を改善して体脂肪を減らしたり、インスリンが効かない異常な状態を改善して糖尿病を予防したりする効果も研究によって明らかにされました。
生活習慣病対策としてもプロポリスは優秀です。

蜂の子とプロポリスについて

蜂の子はプロポリスとは別物

蜂の子はスズメバチや蜜蜂、クロスズメバチなどの幼虫のことです。
植物などの成分から作られるプロポリスとは別物です。
また蜂の子は蜂の種類を問わず「蜂の子」と呼んで食用やサプリメントに加工されますが、プロポリスは「蜜蜂」の巣からしか抽出されません。
樹液や花粉を集めるのが「蜜蜂のみ」だからです。
昆虫であり生物である蜂の子と、蜜蜂が飛び回って成分を集めて作られたプロポリスは全く別物であることが分かります。

蜂の子とプロポリスの効果を比較

プロポリスの効果は先ほどお伝えしましたが、蜂の子の効果も確認します。
蜂の子には良質なタンパク質、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、脂肪酸など様々な栄養素が含まれています。
ビタミンCやアルギニンなどにより抗酸化作用があるので、加齢による体内器官の老化防止やシミ・たるみなどの外見などの老化防止にも期待できます。
豊富なタンパク質が筋肉や臓器、皮膚や髪、体内に必要なホルモンなどの材料となり、体を作ったり体力を増強したり体の働きを調整しています。
ビタミンやミネラルが免疫力を高めてウイルスや細菌から身を守る効果もあります。
近年では耳鳴りや難聴、メニエール病などにも効果があるとして注目されています。
蜂の子に含まれるアミノ酸の一つ、トリプトファンが体内でセロトニンの材料となるからです。
セロトニンが自律神経を整えることでストレスを緩和して、ストレスからくる耳鳴りや難聴などの症状を改善するといわれています。
プロポリスの効果が健康維持や病気予防であり、蜂の子も健康維持、病気予防や丈夫な体作り、耳鳴りなどの不調改善に効果があると分かりました。

蜂の子・プロポリスにはどんな商品があるか

蜂の子やプロポリスはどのような商品から摂取することができるのでしょうか。
まず、プロポリスは錠剤やソフトカプセル、粉末状などのサプリメントがあります。
スプレータイプもあり、のどの痛みや口内炎に直接スプレーできる商品です。
のど飴もあるので風邪気味の際におすすめです。
老犬や老猫用に、歯・胃腸の健康維持や歯周病改善としてエサに入れるプロポリスの粉末もあります。
対して蜂の子は、同じく粉末やカプセルタイプのサプリメントやキャンディはもちろん、佃煮として缶詰めや瓶詰としても販売されています。
通販では生の蜂の子が冷凍販売されることもあります。
毎年11月に岐阜県で行われる蜂の子のお祭りでは、蜂の子を使った炊き込みご飯や五平餅が振る舞われています。
長野県や岐阜県、静岡県、山梨県、岡山県などの山間部地域は蜂の子の採取が行われている産地なので、蜂の巣から直接蜂の子を取り出して料理に使われることもあります。
摂取方法としては、蜂の子の方が様々な食べ方を選ぶことができます。

蜂の子もプロポリスも健康には必要

蜂の子とプロポリスはどちらも蜂に関する健康食品ですが、その実態は全く異なることが分かりました。
成分や効果にも違いがあります。
しかしどちらも私たちの健康を支えてくれる優秀な存在です。
どんな健康効果を取り入れたいか確認したうえで、蜂の子やプロポリスを摂取するようにしてください。
関連コラムcolumn